【女性医師の方必見】女医が働きやすさNo.1な皮膚科医|メリット・デメリット

2018年04月24日 13:17転科するなら何科?


労働時間が短いためライフワークバランスがとれる


皮膚科は皮膚の疾患を扱う診療科で、女医の多さが特徴です。
なぜ女医が多いのかと言うと、ライフワークバランスを意識した働き方ができるからに尽きるでしょう。
ライフワークバランスを取るのが難しい診療科も少なくありませんが、皮膚科はその逆で、転科するメリットにもなっています。

他の診療科と比べ、皮膚科は労働時間が短くなっており、仕事と家庭を両立させやすいのです。
外来患者が多い点には注意しないといけませんが、勤務時間通りに終わることも珍しくはありませんので、現在子育て中の方でも安心して働けます。
もちろんプライベートを充実させたい方にも、魅力の多い診療科と言えるでしょう。

開業しやすい


また、皮膚科は将来開業を考えている方にも最適な転科先です。
他の診療科と比較して開業しやすい、という利点があります。
例えば皮膚科で数年間経験を積み、それを活かして個人クリニックを開業することも難しくありません。

何故なら、皮膚科は幅広い年代にニーズがあるからです。
皮膚の疾患・やけどなどの外傷は、年令を問わず誰にでも起こります。
ご年配はもちろん、子供もアレルギーやアトピー、各種皮膚疾患にかかる可能性もあります。
資金面の問題は残されていますが、こうした事情もあり、将来性があることから開業しやすい診療科と言えるでしょう。

求人倍率は高い傾向にある


一方、皮膚科は不足している医療機関が多いこともあってか、求人倍率は総じて高い水準にあります。
皮膚科医を目指す方は少なくありませんが、それ以上に求人数のほうが多く、まさに売り手市場なのです。
皮膚科は問診や診察が主な業務のため、コミュニケーション力は求められますが、診察経験が豊富な方は特に問題にはならないでしょう。

人手不足のこともあり、中には高い年収を提示している求人もあります。
年収アップを目指す方にも魅力の多い転科先でしょう。

地域により違う点に注意


しかし、皮膚科の求人数は地域によって大きな隔たりがあります。
特に地域の医療機関数や、その地域の皮膚科に対するニーズなど様々な影響を考慮しないといけません。
地域によっては求人をほとんど見かけない場合もありますので、必ずしも売り手市場とは限らない点に注意しましょう。

 


  • 1