医師が転科しやすい科目・転科しにくい科目とは?


外科から内科への転科は多い


外科から転科する場合、経験を活かせる診療科は様々あります。
中でも転科する医師が多く、知識・経験を活かせるのが内科です。
外科と内科は正反対の診療科でもありますが、患者にとっては非常に身近な診療科の一つであり、外科で培ったスキルを活かすことができます。

内科は常にニーズがある診療科ですが、原因不明の症状で悩まされ、内科を受診する患者も意外に多いうえ、外科的疾患が原因になっているケースも度々あるのです。
外科の知識や経験を活かすなら、内科が最良の候補となるでしょう。

専門医が少数なリハビリテーション科


リハビリテーション科は、怪我や病気によって何らかの障害を抱えた患者のリハビリを行う診療科です。
日常生活を問題なく送れるよう、サポートする役割を担います。
リハビリテーション科も転科しやすい診療科の一つですが、慢性的な医師不足が背景にあります。

リハビリテーション科は、様々な診療科の経験を持つ医師が転科しています。
最低限リハビリに関する知識は必要ですが、特に患者とのコミュニケーションが重要なため、カウンセリングや豊富な診察経験を持つ医師なら転科しやすいでしょう。

内科から外科への転科は難しい


一方、転科が難しいケースは内科から外科です。
外科から内科への転科は珍しくありませんし、スキルを活かせることから最良の選択肢と言えます。
しかし、その逆となる内科から外科へは、知識や経験不足が影響するため転科が難しくなります。

内科では内科的疾患を扱いますが、骨折や怪我・外傷などの患者を診るケースは少なめです。
こうした診療経験の不足が理由で、外科への転科は非常にハードルが高いのです。
内科から転科するなら、他の診療科を選ぶべきでしょう。

想像よりもハードな精神科医


精神科も人気の転科先ですが、数ある診療科の中でも業務がハードです。
それを覚悟できる方のみ転科を検討するべきでしょう。
主に外来のみのため非常に楽に思えますが、実際はその逆で、人によってはストレスが溜まりやすい診療科なのです。

精神科はコミュニケーション力や、カウンセリング力が求められます。
しかし、外来で訪れる患者は非常に多いうえ、それぞれの悩みや不安を聞き、かつ適切なアドバイスと治療を行う必要があります。
各患者の気持ちを汲み取らないといけないため、自分自身のメンタルが強くなければ続けるのが難しい診療科と言えるでしょう。